俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 人生をやり直せるとしたら? | TOP | 如月アニメーション製作研究会 >>

2018.01.13 Saturday

忘れられた松山千春

0

     毎年、この時期になると、ふと予備校生だったときのことを思い出す。そして、母と当時の話しをしたりしなかったり・・・。

     

     あの日、私はセンター試験の会場の近所の大学まで、1日目も2日目も母に車で送ってもらった。

     

     そんな中、事件は2日目に起きた。その日、センター試験を待ち構えていたような大雪が我々受験生を襲った。私と母は、1日目は片道20分くらいで行けたところを、雪とそれに伴う交通麻痺のせいで、2〜3時間かかってしまったのだった。

     ただ、念のため3時間早く(これは道民の知恵というか勘)出ていたのと、選択科目の関係で、幸いなことに私にはあまり影響がなかった。ちゃんと私は試験開始時刻に間に合うことが出来た。

     とは言え、センター試験の開始時間が30分ほど遅くなったりと、この日の大雪はニュースでも非常に取り上げられた。確か、そういった開始時間の変更と言う措置が取られたのは、このときが初めてだったんじゃないかな。また、大雪のせいで札幌市の交通が麻痺してしまって、例年以上の数の受験生が追試に回る羽目になってしまったのではなかったかな。

     

     結果的には私にはあまり影響がなかったのだけれども、それはあくまで結果論であって、試験開始時間が刻一刻と迫ってくるなかで、渋滞がまったく進まないというのは、非常に精神的にくるものがあった。あのときの気持ちは今思い出しても嫌だ。

     

     ニュースを見ながら母と、こんな風に当時のことを話していると、このブログでも毎年のようにセンター試験の思い出を振り返っているのに、意外と覚えていないことが多くて驚いてしまった。

     

     例えば「かれん(当時飼っていた犬)とセイラ(妹)も乗っていて、セイラがずっと爆睡していたから、家に帰ってから説教した」という母の言葉を聞いて「あれ、かれんとセイラ、乗ってたっけ?」と驚いてしまった。全然覚えていなかった。それにしても、私と母がじりじりしている中、後ろの席で妹が爆睡している・・・という状況は、なんだか今にして思えば面白い。そして家に帰ってから「他人事すぎる」と怒られているのも面白いと思った。

     

     私といえば、渋滞でとまっていたときの車からの景色とか、そういったことは記憶に残っているんだけどね。あの時は、ひたすら窓の外を見つめているしかなかったのだろう。

     さらに窓の外から見えるアパート(?)のような建物も非常に特徴的だった。そう、そこのアパートにはどういうわけか、野外に設置された階段と欄干のところにびっしりと人形が置かれていた。その中に、なんと、雪まみれのしぼんだonちゃんがいたのだ。

     このonちゃんが妙に印象的でね。1日目も同じところを通っていたため、そのときから「あ、しぼんだonちゃんいる・・・」と気付いていたが、こうまじまじと見ることが出来ることになろうとは・・・夢にも思わなかった。それにしても、試験前にしぼんだonちゃんって、今にして思えば、なんだか縁起悪かったね。そのときは気にもとめていなかったけれど。

     

     私がしぼんだonちゃんの話しをしていると、母が「あのときは松山千春に救われたわね」と言った。

     松山・・・千春・・・?

     CDを聴いていた覚えもないし、「なんで千春?」と聴くと、どうもカーラジオで松山千春の番組を聴いていたようだった。

     

     そうだそうだ、言われてみれば、なんとなく思い出してきた。私と母でたまに聴いていた、毎週日曜日に放送していた「松山千春 季節の旅人」だ。センター2日目は日曜日だもんね。音楽が記憶にないということは、きっと千春は喋り倒していたんだろう。何を話していたんだろう。そこは覚えていないけれど、確かに千春の声をきいて、なんとなく安心したことを思い出した。

     

     

     

     かれん、セイラ、千春・・・。

     全然記憶になかった。それに対して、私の記憶に残っていたのは、焦燥感と、しぼんだonちゃん。こうも違うもんかね。なんか、すごい。

     こうして母と私で記憶に残っているところが違うっていうのも面白いけれど、過去のことを話題に出すことで忘れていたことを思い出すというのは、どんなことにせよ、結構いいことなのかもしれない、と思ったりして。

     

     そんなことを思った、雪の日であった。

     

     

     

     ちなみに、かつて書いたセンター試験関連の思い出はこちら。

    【関連記事】センター試験の思い出 その1

    【関連記事】センター試験の思い出 その2

    【関連記事】積分する会社ってないんだよ

     よろしければ、どうぞ!

     

     

     

     それでは、ばいちゃ☆

     にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    コメント

    コメントする









    ▲top