俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 小学校の課題研究「夏」:私の聞いた終戦の日の話 | TOP | 仮初め雪大卒、オープンキャンパスに参加! >>

2017.08.06 Sunday

バイト24

0

     診療は時間との戦いだ。

     

     俺を知っているな。俺は・・・

    歯科医師のサディ・バウアーだ!

     

     今日は精進歯科だった。カルテ入力を急ぐ私に院長から指令が下る。

    「バウアーだ!」

    「ハイ、サディ!院長からの指令よ。次の患者を、24分以内に。24分以内に処置するのよ!」

     

    「目的は何だ?」

    「何だも何も、そうしないとアポイントが回らないからよ!」

     

     ・・・こうしてはいられない!精進歯科では必ずスタッフさんが介助についてくれる。すでに患者さんは導入されており、スタッフさんの円滑な準備によって、いつでも処置を始めることが可能な状態になっていた。

     私は急いで椅子に座り、直ちに処置を開始した!

    「おい!早く口をあけろ!」

     

     あのドラマでおなじみの、秒を刻む音が脳裏に響く。

    「くそーぅ!」

     

    「24分を超過してしまった!」

     

    「スタッフさん・・・」

    「君を巻き込んでしまったことを・・・本当にすまないと思う・・・。」

     

     

     

     

     

     

    「俺は無力だ・・・。」

     

     

     こうして、自分の力不足を思い知り、悔しさと悲しみを背負って、今日も帰路につくのであった。

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    コメント

    コメントする









    ▲top