俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< たくゆう戦線異状なし! | TOP | もしもプロレスラーが歯科医師だったら(新日編) >>

2017.06.15 Thursday

【実験:サブリミナル効果】雪大1補綴の楽しい放課後!

0

     今日は放課後、買い出しに行ってきた。何の買い出しかというと、それは来週に控えた医局説明会の懇親会の用意だ。

     

     ところで、今日は普通に大学院生で買い出しに行って、その帰りに皆でご飯を食べたという、何気ない一日の記録を綴っていきたいと思っているのだが、せっかく医局説明会の準備に奔走したわけなので、この記事でも読んだ人が無意識に「雪大1補綴に入ろうかな?」と思ってしまうような仕掛けを施していきたいと考え付いた。

     そう!皆さんの無意識に呼びかける手法・・・それは、サブリミナル効果だ!

     

     アメリカの「サブリミナル効果」に関する実験で以下のようなものがある。

     映画の中で1/3000秒ずつ5分ごとに「コカ・コーラを飲め」と書かれたスライドを差し込んだところ、コカ・コーラの売り上げが伸びたのだという。1/3000秒で表示されても、普通に読めるわけがなく、表示されていることにすら気が付かない。だが、これが人々の潜在意識に呼びかけているために、ある一定の効果を示したのではないかという分析は、「サブリミナル効果」の説明としてはあまりにも有名である。

     ということで、ここでも「サブリミナル効果」を用いて、歯学部学生読者諸氏の潜在意識に入局を呼び掛けていきたいと閃いた。ただ、これは映画ではないため、1/3000秒ずつ5分ごとに表示するといった方法を取ることができない。そのため、このブログに適した形で模索しなければならないだろう。その模索した結果がどうなったのかは、この記事を読み進めて確認していただきたい。

     

     

     

     さて、話を本筋に戻して・・・、今日は放課後、買い出しに行ってきたのだった。磯兵衛さんが「車出してもいいよ〜」と言ってくださったので、磯兵衛カーに乗り込んで出発!大学からちょっと行ったところにある、大型ショッピングモールに出撃した。

     有難き、心優しき磯兵衛さん。1補綴入れ。

     

     「これいるかな?」「あれいるかな?」と皆で色々と話し合いながら、かごにお菓子や缶チューハイを詰め込んでいった。

     技工室で私たちにつかまった沼太郎も貴重な戦力として、大量のお菓子やお酒を運んだ。1補綴入れ。

     

     実は、買い出しのあとに、大学院生でラーメン大将にて「肉チャー」を食べることになっていた。

     数日前に誰かが「久しぶりに大将行きたいな」と口走ったのをきっかけに「じゃあ、出前でもとる?」という話になった。そこにコジマが「実は食べたことが無い」と言ったことで「どうせ初めて食べるなら店頭でしょ」ということになり「それでは木曜の夜に!」と約束をしていたのだった。1補綴入れ。

     買い出し組ではない先輩たちも、ある先輩は研究の途中で、ある先輩はバイト終わりに、またある方は技工を中断して、それぞれの思いを胸に大将に集まったのだった!

     約束の地、大将!

     

     皆で肉チャーを注文。1補綴入れ。

     相変わらずのボリューム!相変わらずの味!1補綴入れ。久しぶりに食べるけど、やっぱり美味しかった。この体に悪そうな味が時々たまらなく懐かしくなるんだよね。

     

     その量の多さから、自然とフードファイトの様な雰囲気に・・・。七味を駆使して食べすすめるコジマくんに磯兵衛さんがドン引きしたり、毛先輩が餃子を食べきれずノックアウトしたところに沼太郎が救援に入ったり・・・。1補綴の個性と助け合いのすべてがここにすべて集まった、というと言い過ぎだけれど、皆でわいわい楽しい時間を過ごした。

     肉チャー童貞を卒業したコジマくんと、その兄弟子・毛先輩。皆、額に汗を浮かばせていた。肉チャーの熱量!そして、店内が尋常でなく暑かった。

     

     「なんだか、部活帰りみたいですね」と私が言うと、毛先輩が「そうだよね、1補綴いいよね」と言った。1補綴入れ。完食後、談笑をしながら食休みをはさんで、またそれぞれの仕事へ立ち戻っていった。

     

     楽しい1補綴!アットホームな職場です!とふざけて言うと、磯兵衛さんから「ブラック企業の常套句みたい」と笑われた。あ、1補綴はブラックじゃないよ!ほら、この記事を読んでいると不思議と1補綴に入りたくなってきたんじゃない?

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村

     


    コメント

    コメントする









    ▲top