俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< さようなら、クラッチ | TOP | 北海道札幌北高等学校合唱部第36回定期演奏会 >>

2017.03.26 Sunday

時をかけるサディ(3/26定演前日練習にて)

0

     定演を明日に控える今日は、午後から夜にかけて前日練習だった。

     

     練習会場の彩風館へ行くと、すごい数のOBがいた。

     

     まぁ、自分もそのうちの一人なんだけど。明日の定演に向けて、道外勢も数多く帰札してきはじめたみたい。去年まで自分自身も「道外勢」だったことが懐かしい。もしかしたらOBになって初めて、こんなに腰を据えて定演に取り組むことができているんじゃないだろうか。

     練習中にも何人ものOBがやってきた。彩風館は玄関の戸が重いので、開けるとドスンと音がする。だから私も開ける度に妙に緊張してしまうのだけれど、逆に音がすると皆と一緒にそっちを見てしまう。

     

     いままでは同期がいないとか、近い期の先輩も後輩もいないとか、ちょっと寂しい思いをしていたが、今日に限って言えば、同期もいて近い期の先輩も後輩もいてとても楽しかった。

     同じパートで同業者になったナガタニもいた。「さびしかった」と言われてちょっと嬉しかった。

     

     こういう練習は懐かしい人たちとの再会が楽しい。ただ、今日は数多くの再会の中でもとびきり懐かしい人と久しぶりに出会うことが出来たので、このブログに書き残しておきたいと思う。午後、4st.「新しい歌」の練習中のことだった。歌っていると、後ろからドスンと玄関の開く音。いつもの通りに振り向くと、そこには1期上の先輩が!

    「あ!サリー先輩!!」

     私は思わず飛び跳ねて大声をあげてしまった。サリー先輩は私の前代の部長で、持ち前の高身長で合唱部の平均身長を引き上げていた。高校生のときは、いつも私は先輩の隣で歌っていた。いつぶりだろうか。「もしかして先輩が卒業して以来ですかね?」と言うと「そうじゃないか?」と先輩。だとすると、8年ぶり?!すごい懐かしかった。

     「先輩、僕、いま雪大病院にいるんですよ」と近況報告すると「知ってるよ」と先輩。「どうしてですか?」と聞くと「お前のブログは毎日チェックしているから」とのこと。ブログやっててよかった。

     

     私はサリー先輩とナガタニに挟まれて、高校生のときのように楽しく練習に参加した。ずっと後ろで先生に怒られないように小声で喋りながら、時々ボケてみたり、失敗してみたり、先生の言うであろうギャグを先回りして言ってみたり、それが当たったら喜んでみたり・・・。こうやって思い返すと、あんまり真面目な部員ではなかった?そんな気がしてきた。けど、懐かしくて楽しかった。

     

     

     

     さて、今日の練習は、ある意味、ちょっと特別だった。それは、20年以上にわたって北高合唱部を顧問として支えてきたひらてぃが今年度いっぱいで北高を退職してしまうため、顧問としては最後の4st.だったのである。

     この当たり前だと思っていた風景も、今日で最後かと思うと、なんだか寂しくなった。練習風景をひらてぃは写真に撮っていて、それを帰宅してからFacebookで見た。先生の思っていることをSNSで見ることができるなんて、なんだか不思議な感じがした。良い時代になったと思う。

     

     定演前日ということもあり、恒例になった1年生の携帯電話の電源切ってねソングのお披露目会があった。いつから恒例化したのか知らないのだけれど、北高定演では開演前に1年生が合唱で「携帯の電源を切ってね♪」とお願いをするのだ。

     高校1年生はとても初々しくてかわいかった。私にもこんな時期があったんだね。

     幕間のアカペラもお披露目会があった。定演の幕間で、現役部員の有志メンバーでアカペラをするのだ。私も高校1年生のときにやったことがあるが、とても緊張したのを覚えている。懐かしいなぁ。

     

     午後の練習が終わり、夜の2st.練まで時間があったので、後輩のしょーりと一緒に夕飯を食べに出た。「茂いこうぜ」。しょーりは期も重なっていないのに、慕ってくれる殊勝な後輩である。

     また、私はひらてぃとFacebookでずっと「茂に一緒に行きましょう」と約束していたので、今日はちょっと思い切って誘ってみた。ひらてぃは「行きたいけど・・・色々とやらなきゃいけないことがある」と残念そうにしていた。残念。「また来年の定演のときにでも!」と言うと「是非」と言ってくれた。ということで、しょーりと二人で茂へ。

     茂は北高のすぐ近くにあった。時々、ひらてぃがFacebookで茂に関する投稿をしていて、それを読んでいたら懐かしくなったので、せっかくだから来てみた次第である。しょーりは「はじめて来ました」と言っていた。

     なんだかガラクタが減って、怪し気な感じがちょっと減った?

     と思ったけど、そうでもなかった。

     「おす」って書いてあるスイッチも「上↑」へあげないと水出ないし。

     

     私としょーりはひらてぃがおすすめしてくれた「茂しおラーメン」を頼んだ。

     これは本当に美味しかった!高校生のときに食べた茂のラーメンよりも各段に美味しくなっていたような気がする。

     対面に座る、いまではOB会関西支部長のしょーり。彼は後輩だけれども、正直私はすごく尊敬している。常に謙虚で、直向で、素敵。彼の話しを聴いていると、私ももっと頑張ろう!と思う。定演の度に、一緒に最後まで飲み明かすというのを繰り返す中で、私は妙な絆のようなものを勝手に感じるようになっているよ。

     

     腹ごしらえもすんで、夜は2st.練。

     OB練がいつもこうだったらすごい楽しいのに・・・けど、やっぱりそれは難しいよね。前日にこうなるだけでもすごいことなんだろうと思う。

     

     とても楽しくて、明日の定演が一生来なければいいのに・・・とさえ思うほどだった。

     

     

     

     きちんと最後にKitaraへの入館証をOB会事務局長の後輩から受け取って帰路についた。入館証がないと、定演の会場に入ることができないのだ。去年は入館証を受け取ることが出来ず、タツヤンを楽屋から呼び出して会場に入れてもらったんだったっけかな?そんなこともあったね、懐かしい。

     

     いよいよ明日が定演!なんだか高校生のときみたいに、ちょっと緊張してきたな。

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    2017.04.30 Sunday

    スポンサーサイト

    0

      23:32 | - | - | - |

      コメント

      こうしてブログに書かれるのは若干恥ずかしいですな笑

      正直定演は今回で最後かな、と思っておりました。ですがサディ先生にお会い出来るならまた出ようかな、なんて今では思っております。久しぶりに会えて本当に楽しかったです。

      院も始まり忙しくなるでしょうが、頑張ってくださいね。一読者として更新楽しみにしてますので笑
      2017/03/30 8:07 PM by しじみ
      >しじみ先輩
      とても嬉しく、楽しかったのでブログに書いてしましました!(笑)

      僕は何か用事がない限り、定演には参加していこうと思っているので、また先輩とお会いできることを本当に楽しみにしています!

      先輩もがんばってください!今後ともブログの方もよろしくお願いします(笑)
      2017/03/31 12:15 PM by サディ

      コメントする









      ▲top