俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 機動研修医サディ 死闘!1補綴予演会! | TOP | 天空への部分床義歯学(NOPに参加して) >>

2017.02.22 Wednesday

自分の無力さを痛感…来年度からのバイト先見学Part2

0

     今日は有給を取って、バイト先の見学に行ってきた。

     ゆーきゅー!

     

     今日も前回同様、先輩から勧めてもらったところだ。前回は「精進歯科」。今回のところはこのブログでは「たくゆう歯科」と呼ぶことにする。

    【関連記事】シーズン到来!来年度のバイト先へ見学へ行ってきた!

     前回の精進歯科は札幌市内にあったが、たくゆう歯科は札幌からはちょっと離れたところにあった。札幌から快速に乗って、それから途中駅で鈍行に乗り換えて、ごとごとゆられて行かなくてはいけなかった。けれど、例えがローカルで申し訳ないけれど、小中学生のときに毎日厚別からあいの里へ通っていたことを思えば、思ったほど大変ではなかった。

     たくゆう歯科の最寄り駅は無人駅で改札も無かった。そこからタクシーで。

     

     院長先生と挨拶をして、スーツの上から長白衣を羽織って診療室へ出た。最初は見学だったが、院長先生が笑顔で「ちょっと、やってみようか!」と気がつけばC処(虫歯治療)、Endo(歯の根の治療)のオンパレード。一般歯科のスピードになんとかついていこうと食らいついていったが、あっという間に振り払われてしまった。

     院長に医局に呼ばれた。「いま浸潤麻酔をしてもらったけれども、気をつけたことはなんですか?」と質問された。私は「頬粘膜移行部(唇頬移行部)をテンションをかけて、針を添いあてて、粘膜を・・・」と一生懸命答えると、「それはさ、How toだろ?まず一番大切なのは患者さんの様子を見ることじゃないか?」と言われた。臨床現場ではとにかく患者が一番。とにかくそれは当たり前のことで、自分でも十分にわかっているつもりだったが、患者本位の視点での答えがまず最初に自分の口から出てこなかったことを反省した。

     

     午後からは長白衣を脱いで、ケーシー型の白衣に着替えた。先輩から「もしかしたら見るだけじゃなくて、手をうごかすことになるかもしれない」と聞いていたので、こんなこともあろうかと持ってきていたのだ。午後も「やってみようか!」と色々とさせてもらった。限られた時間の中で、自分の無力さだけが浮き彫りになっていった。自分はこんなに何もできないのか・・・と打ちのめされた。

     

     途中でFacebook父がやってきた。なんと、本当にたまたまなのだが、たくゆう歯科の院長先生と父は知り合いだったのだ。雪大の1期違いなんだって。だから、最初に院長先生と顔を合わせたときも「お父さん似?面影がある!」と言われたりした。以前、父に「今度、たくゆう歯科に見学にいく」と伝えたところ「一番最初に外に出る場所。一番迷惑をかけることになるだろうから、しっかりと挨拶しないとな。」と私のことを慮ってくれた。あと、とても懐かしそうで嬉しそうだった。

     

     院長先生から聞く父とのエピソードと、父から聞いていた思い出話しがまったく違ったりもしたが、先生も父も非常に嬉しそうだった。父が「こいつ、本当に何にもできないと思うんですけど、どうかよろしくお願いします」と頭を下げた。院長先生は「若い先生を育てるというのがここの使命ですので、微力ではありますが・・・」と心強い答えを返していた。私はただひたすらに「よろしくお願いします」と頭を下げた。

     

     たくゆう歯科の口腔外科部門に雪大病院から出向いていた先生からは「まずは保険診療の仕組みをしっかり勉強してがんばってね」とアドバイスをもらった。赤本と呼ばれる保険診療の手引きをしっかりと読んで勉強していかなくっちゃ。雪大の電子カルテだと、あんまり保険制度を解っていなくても、コンピューターで何とかなってしまうのだが、それにいつまでも甘えていてはいけないと思った。

     

     

     

     やっぱり一般歯科・・・すごい忙しかったな、と思ったが、今日は非常に余裕があったらしい。それにも非常に驚いた。でも、ここでバイトをしていたら、開業医になるのに必要なだけの基本的なスピードは身に付きそうだと思った。とにかく、ここでしっかりと使い物になるように頑張っていきたいと思う。

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    2017.06.26 Monday

    スポンサーサイト

    0

      23:29 | - | - | - |

      コメント

      ウトナイ歯科という歯科医院が近くに存在してますぜ。念のため。
      2017/02/25 7:09 AM by 父
      >父
      教えてくれてありがとうございます。するっと差し替えておきました。
      2017/02/25 8:56 AM by サディ
      いつも楽しく拝見させていただいてます。
      私も某中国地方の国公立出身で、歯科口腔外科で2年間研修しており、春から開業医です。

      私の場合抜歯ならなんとか、、まかせてもらえる気もしますが、それ以外はほんとーに何もできません!(;^_^A

      不安と期待でいっぱいですが、サディさんのブログみて、私も出来るとこから一歩ずつ、地道に頑張って行こうと勇気がもらえました!

      ありがとうございます!春から院にバイトに大変な日々でしょうが体に気をつけて頑張って下さい!
      2017/03/28 11:52 PM by あ
      >あ さん
      コメントありがとうございます!いつも読んでいただいているのですね!
      私は外科はまったく手を付けたことがありませんので「抜歯ならなんとか」って凄いと思います。これから補綴をメインに大学院生活がはじまりますので、どこかで外科はなんとかしないと…とは思っているのですが・・・。
      私のようなブログが少しでもお役に立っているのでしたら光栄です。
      春からお互いがんばっていきましょう!今後ともよろしくお願いします!
      2017/03/30 10:07 AM by サディ

      コメントする









      ▲top