俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.30 Sunday

漢祭(2018.12.29札幌サンプラザ)

0

     今日は「漢祭」を聴きに札幌サンプラザホールへ足を運んだ。

    IMG_0362.JPG

     合唱関係の友人のFacebookで知ったこの「漢祭」は、札幌市内の男声合唱団が一堂に会して演奏するというイベントということで、不定期に開催されて今回で3回目になるのだという。

     私は合唱から離れて3年、札幌の合唱からは10年も離れているため、殆どが知らない団体だった。私が九州にいる間に、札幌では男声に限らず、混声、女声問わず数多の合唱団が設立されたようだ。すごーい。

    IMG_0363.JPG

     私が今回、漢祭に来ようと思ったのは、休みだったからとか私が男声合唱が好きだからとか、そういった理由もあるが、出演団体に「あいの里タイガース」の名前があったからだ。

     

     私は一度だけ「あいの里タイガース」の演奏を聴いたことがある。それは「あべ犬北」とのジョイントコンサートだったと思う(調べてみたら2008年のことらしい)。確か、宗左近の「縄文」を演奏していたと思う。わんわんと吠える様な熱い演奏の一方で、きちんとその名の通り草野球チームとしても色んな団体と試合をしていたという、斬新な団体で合唱部の中でも度々話題になっていた。

     その当時、団体の窓口になっている人が、私が中学生だったころに仲良くなった教育実習生で、その先生とは演奏会の度に顔を合わせていた。私が演奏を聴きに行ったときも声をかけてくれたし、逆に私の演奏会に来てくれて差し入れをしてくれたり・・・。

     

     久しぶりに「あいの里タイガース」の名前を見た私は、もしかしたらその人と会えるかもしれない・・・とそんな思いもあって、演奏会に来たのであった。ま、会えなかったんだけどね。会えないどころか「あいの里タイガース」は団員が減って、プログラムに名前を連ねていたけれども、人数が集まらずに単独ステージを持つことが出来なかった・・・と、開演前に代表の人が謝罪パフォーマンスをしていた。

    IMG_0364.JPG

     久しぶりにホームぺージを覗いてみたけれども、随分前に更新が止まっていた。昔は皆でホームページを覗いて、草野球の試合結果とか見たりしていたんだけどな。時代か。

    IMG_0366.JPG

     「第0ステージ 前座」と題して録音などを披露していた。「あいの里タイガースは数年前に第1回演奏会をしました。それが第2回、第3回と続いていくものだろうと皆が思っていましたが、未だに第2回を開けずにいます」と代表。私はなんだか悲しくなってしまった。

     

     

     

     しばらくして、演奏会が始まった。先にまとめて行ってしまうと、非常にレベルの高い演奏会で、久しぶりに聴きたいものが聴けたという感じ。なんというか、炒飯らしい炒飯が食べたくなって、ラーメン屋に行ったら、思った通りまったく奇をてらっていない体に悪そうな炒飯が出てきて「これだよ、これ!」と言って食べることができた・・・という感じ。

     私が青春を過ごした北九州にはひとつもまともな男声合唱団が存在していなかったので、こんな風に男声合唱団がたくさんあるところで切磋琢磨できたら楽しかっただろうな、と少しうらやましくなった。

     

     初めて耳にする団体ばかりだったが、それぞれがそれぞれの色を出していて、とても聴きごたえがあった。

     「ロールシャッハ」という団体はいっちー先輩が指揮を振り、歌い手側にはすがっち先輩とヤマタカがいて、なんだか懐かしい気持ちになった。私は「うみつばめ」が好きだったので、それが聴けて嬉しかった。演奏が終わった後、休憩時間にヤマタカが私を見つけて挨拶に来てくれた。「すごいうまかったね」と言うと「ありがとう、でも、もうこの演奏会を最後に解散なんだ」と教えてくれた。そっか・・・。

     

     北大合唱団は貫録の演奏だった。まず最初に「都ぞ弥生」。北大合唱団の都ぞ弥生はもう文化遺産にした方がいい。

    IMG_0369.JPG

     北海道で最も歴史をもつ男声合唱団。1月の定演も楽しみである。行けるかな、仕事かもしれないけれど。

     

     なかには好きなユニフォームを着て歌うというコンセプトの団体も。

    IMG_0371.JPG

     この団体にいたらケーシーで歌ったと思う。

    IMG_0372.JPG

     東京からの参戦もあった。

    IMG_0373.JPG

     どさんコラリアーズの演奏も初めて聴いた。

    IMG_0375.JPG

     全体合唱も圧巻。

     

     ただ、入場無料の演奏会に対して文句を言うのも気が引けるけど、ひとつ苦言を呈するのであれば、音楽が良かった分、ちょっと主催者の挨拶が演奏者サイドの苦労話に終始していたのが残念であった。

     もっと男声合唱の魅力とか、歌うことの喜びとかを発信するのであれば意義があるんだと思うんだけど、乱暴な言い方をしてしまえば、自分たちが勝手にやりたくてやってる演奏会で謙遜もなしに「こんなに大変な曲を選んで、歌うのがとっても大変」みたいな話をされてもネ。「じゃあ、やめちゃえば?」という話なわけだし。

     そういう「身内ウケ」な感じが、全国的な合唱衰退の原因なんじゃないだろうか・・・と思うんだけど、札幌じゃあそんな衰退の影なんか見えないから、まぁ、そういう雰囲気になっちゃっても仕方がないのかな。

     

     とは言え、非常に聴きごたえのある演奏会だった。いいなぁ、ボクも歌いたい。

     

     

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    ▲top