俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.08.17 Friday

黒い沼

0

     一昨日、沼の日だった。たくゆう歯科はお盆休みは殆どなく、終戦記念日も通常運行だった。

     しかし、お昼休みに医局でくつろいでいると、スタッフルームからこんな話が。

     

    「あそこの公園、出るらしいよ」「えー!」

     

     やっぱりこういう時期だからだろうか。

     

     

     

     別に聞き耳をたてていたわけではないが、自然と話が耳に入って来た。

    「先輩が沼の××トンネルのとこ行ったんだって・・・」

    「肝試しに行こうって車で・・・」

    「車から降りて真っ暗なトンネルを四人で歩いて行って・・・」

    「・・・でぇ、急いで車に戻ってぇ・・・」

    「みんな車に乗ったのに、後ろからドンドン叩かれて・・・」

    「近くのコンビニまで逃げたんだってー」

    「で、車の後ろ見たら・・・手形があったんだって!」

    「えー!!こわーい!!」

     

     

     

    「・・・。」

     

    「めっちゃ怖い!」

     

     私はすっくと立ちあがり、スタッフさんの方を振り返って「めっちゃ怖いです!」と言った。

     スタッフさんの話しだと、沼は結構出るらしい。確かに、そうかもしれないと思うことが最近立て続けに起こっている。

     

     通勤電車に鹿が突進してきたり・・・。

    【関連記事】しからずんば歯科

     

     突然、机の上に覚えのないアイドルのプロマイドが置かれていたり・・・(犯人はまだ不明)。

    【関連記事】名探偵ヌマン

     

     稲川淳二が来ていたり・・・。

     

     そういえば、去年なんかはちょっと不可解なことが診療室でおきたこともあった。

    【関連記事】仄暗い沼の底から

     

     だが、私にはまったく霊感のような能力がない。

    【関連記事】秋の夜長にひとつ怖い話でも…

     ないどころか、人の霊感も打ち消すほどらしい。学生時代に、霊感のある友人と一緒に遊んでいたときに言われたことがある。その友人はいつも一人だと、そういう体験(変な物音とか)をするらしいのだが、私がいるとまったくそういうことはないと言った。

     確かに、私自身も一切そういった経験をしたことはない。

     

     そのことを言うと、あるスタッフさんが「私はそういう体質なんですよ」と言った。

     たとえ一人、霊感体質がいるとしても、私がいれば帳消し。なんだろうか、霊感体質の人が受け取る周波数みたいなものに対して、逆位相の周波数みたいなものが私から出ていて、打ち消し合ってゼロになっているんだろうか。

     

     それにしても、沼がそんなに心霊スポットが多いなんて知らなかった。さっき医局で聴いた話、どれも初めて聴いた。

    「公園も、トンネルも・・・」

     私が言うと、スタッフさんは「結構、沼は有名ですよ」と言葉をつづけた。

    「ほら、あそこの踏切も有名ですよ」

     

    「え、踏切・・・?」

     

     聞くところによると、最近、沼の踏切では人身事故が相次いでいるらしい。確かにこの間、ニュースでみた。休憩時間にネットで調べてみると、先月、一週間の間に3回も起こっているとニュースになっていた。しかも2回は連日。なんでだろう。

     その事件は非常に痛ましいものだが・・・。

     この文脈で聴くと・・・怖い。

     

     

     うすら寒さを抱きながら、いやだなーいやだなーと診療は終わった。

     お盆だからかいつもよりちょっと早く終わった。早く終わったので、沼の駅から札幌へ向かう電車がまだあった。いつもは沼の隣の隣町の駅まで送ってもらうため、沼の役から帰れることは滅多にない。

     沼は雨が降っていた。

     

     なんとなく肝が冷えていた私は、YouTubeでお笑い動画を見て、気を紛らわさせた。

    板尾「なめねこ(かすれ声)」

     

     さすがに、ごっつの世紀末戦隊ゴレンジャイを見てて、霊体験なんて、ないでしょ。怖いときには、お笑い動画、これに限るネ。怖い気持ちは沼に置き去りにして、私は札幌への帰路についたのであった。

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    ▲top