俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.11.12 Sunday

注目!憂国の士、右翼諸君に告ぐ!!

0

     先日、テレビを見ていると、トランプ大統領の韓国訪問の様子が報じられていた。

     番組(今回見ていたのは「Nキャス」)が問題として提言していたのは、韓国の執拗な反日アピールだ。トランプ大統領のおもてなしするのに、元慰安婦を連れてきたり、料理に「独島エビ」なるものを出したりと、反日要素をこれでもかというくらい盛り込んでいたということは勿論、ここ10年近くに渡って展開された韓国の反日運動についても言及していたのが、非常に興味深かった。

     

     その報道の中で、私が最も驚いたのは、番組の独自調査の結果だ。

     結果によると、「竹島」と表記されている地図に対して「独島」と表記されている地図の方が圧倒的に多かったそうだ。(そもそも表記無しが一番多いのだから、国際的な関心が低いんじゃない?とかは言いっこなし。)

     また、日本海の表記に関しては「日本海/東海」と併記しているものが一番多かったそうだ。

     

     韓国の国際社会への反日アピールは、こうした地図の表記からある一定の効果が出ていると言わざるを得ないようだ。

     いやぁ、ここまで来ると見事だ。慰安婦問題に関しては、慰安婦像を世界中に設置してアピール。東海問題に関しては、海外に留学している大学生までもが図書館の地図を勝手に訂正するまでして、それをまた韓国の世論が褒めそやしたり・・・。竹島問題も、歴史認識を振りかざしてあること無いことを宣伝して、資料館を建てたり、ついには海老まで。国家レベルから市民レベルの水面下まで、あの手この手で・・・すごい。このまま手をこまねいていると、気がついたら国際社会は韓国を味方してしまうかもしれない。

     

     ただ、韓国とまったく同じ作戦で日本政府が反攻に転じると・・・あまりにも国家としての品格に欠ける。同じレベルで戦うことは、我が方にとっても不利益である。欧米列強からアジア人の小競り合いと思われてはおしまいだ。政府には毅然とした態度を取っていてもらわなければならぬ。

     だがしかし!韓国の根気強い反日工作に、実際的な反撃を講じなければ、韓国だってどんどんエスカレートしていってしまうんじゃないか。あと、ちょっとは反撃しないと腹の虫も収まらない。

     

     ということで、日本の品位を貶めずに、韓国と同じ土俵に立って反撃をしてくれる人たちはいないものか・・・と考えた。そして、私はある結論に至った。その韓国の反日キャンペーンを止めるという任を担うことが出来る、いや、担わなければならない者たち。それは、

    右翼である。

     

     街宣車に乗って、大音量で軍歌を流し、市民のひんしゅくを買っている右翼。時代錯誤のような言葉遣いや意思表示で一般市民から倦厭されている右翼。選挙で勝てるほどの政治力もなければ求心力もない悲しき右翼たち。

     右翼諸君!今すぐ、国外へ出て韓国の反日活動を実力行使で止めるのだ!憂国の士たる右翼諸君!君たちの目的は、一般国民に怪訝な顔をされることだろうか!いや、違うはずだ!君たちも、きっと、本当は国に誠を奉りたくて仕方がないはずである!となれば、諸君に残された道はただ一つ!

     

     反「反日」活動である!

     

     そうすることで、駅前で口に泡溜めて高説をのたまうよりは、絶対に支持者が増すであろう! 

     ぶっちゃけ、右翼が暗躍することによって、政府も国際社会からもし何かしらの非難が起こった場合「いやぁ、政府が加味しない右翼の手によって勝手に行われているのよ、すまんすまん」と言い逃れることができるわけ!そうすれば日本の品位を失うことなく!反「反日」活動を行うことができるわけよ!!なんて良い考え。

     

     

     

     そこで、右翼諸君に私から3つほど提案したい作戦がある。

     

    1)慰安婦像を無効化する

     世界中に点在している慰安婦像。

     バカバカしいと思っていたけれど、意外とこれも一定の成果をもたらしているらしい。日本政府がいくら遺憾の意を表したところで、まったく効果が無い。効果がないどころか、増殖し続けている。

     そこで、右翼諸君はどうすべきか。ここで慰安婦像を物理的に破壊するというのはナンセンス。この反「反日」活動の大切なところは日本が悪者には絶対になってはいけないということ。それでは、どうするべきなのか・・・。

     

     そう!

     慰安婦像の横に、北朝鮮の少年の像を勝手に造り、「南北統一」のプレートを添えるだけ!

     そうすることで、慰安婦像は忽ち、南北統一を願う平和の像に!慰安婦像の問題はこれにて解決!

     

     

     

    2)日本海呼称問題を解決するためには

     まず右翼諸君は新たな日本海の呼び名を国際社会に提起すべきだ。

     そうだな、例えば「大日本帝国海(Empire of Japan sea)」

     

     韓国は、黄海のことを「西海」と呼称している。だが、韓国は別に中国政府に対して「黄海を西海にせよ」とは提起していない。他の海に関してもそうだ。だが、どうして「日本海」に関してのみ、こんなにも騒いでいるのか。それは「日本」という名前がはいっているからだ。とにかくそれが気に入らないのだろう。

     韓国側の見解は次の通り。まず昔から「東海」と呼んでいたという主張。そして「日本海」という名前が、かつての軍国主義を想起させるため、国際社会の海の名前としては不適切だという主張だ。

     

     だったら、もっと軍国主義的な名前を主張してしまえばいいのだ。そうすれば、韓国の主張はすべてこの「大日本帝国海」に吸収されてしまう。歴史的な背景?そんなものはそれっぽいことを大きな声ではっきり言えば主張できてしまうものだ。この「大日本帝国海」を提言し「東海」にぶつけることで、この二つが相殺され、結果的に「日本海」だけが残るという作戦である。

     

     右翼諸君は、連携をとっている右翼系学生たちに呼びかけ、国内外の地図に勝手に「大日本帝国海(Empire of Japan sea)」と訂正していこう!韓国学生との水面下での訂正合戦だ!!がんばれ、国士舘大学!

     

     

     

    3)独島エビを増やそう!

     もう、この領土問題はなかなか難しい。下手すりゃ戦争になりかねない案件だ。ここで、逆転の発想で、竹島周辺にエビを放流しまくる。Nキャスで韓国の水産業者が「独島エビはなかなか出まわらずに貴重」と言っていたのを、私は聞き逃さなかった。そして独島周辺で獲れるエビはすべて「独島エビ」なのだという。

     だから、日本側から、がんがんエビを流すのである。

     

     そうすることで、独島エビの希少性が下がって、あまりスポットが当たらなくなったらいいのだが・・・。

     

     そうならなかったときのことも一応考えている。そんなときは伊勢海老だ。大量の伊勢海老を竹島近郊に持ち込み、放流。すると韓国漁船が伊勢海老を「独島エビ」として捕まえ、ついには市場に流していくだろう。

     だが、伊勢海老は竹島近郊では取ることが出来ない(多分)。なのに、オカシイ・・・となるはずである。でも「めでたい!こんな独島エビもあるもんだなぁ!」と韓国国内で話題になるはずである(多分)。

     

     そこで一言!

    「その独島エビ・・・

    伊勢海老ですけど!?」

     

     伊勢海老は別名「鎌倉海老」。かつて元を神風とともに薙ぎ払い国難を打ち破った鎌倉武士の、あの、鎌倉である。そういうちょっとした優越感をもつことができる。それが解決になるかどうかは知らないけれど、ここでは優越感に浸ることが出来るというのが大切。

     

     以上、右翼諸君に提言したい3つの作戦。実行する勇気のある者は、いますぐコメント欄に名乗りを上げよ!!

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    ▲top