俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.11.13 Monday

歯科医師が見る歯科を題材にしたお笑い その5

0

     この企画は、歯科を題材にした漫才やコントを通して世間一般からの歯科のイメージを探り、引いては歯科にまつわる社会問題に鋭いメスを入れていかんとするものである!・・・ということで、勇んで始めたはいいものの、気がつけば前回から殆ど1年が経過してしまっていた。

    【関連記事】歯科研修医が見る歯科を題材にしたお笑い その4

     しかも題名が「歯科研修医が見る…」のまま・・・。今回からはしれっと「歯科研修医」の部分を「歯科医師」にして、また細々とシリーズを再開していきたい。

     

     さて、再開一発目は、私の大好きな「東京ダイナマイト」を取り上げていきたい!

    IMG_2139.PNG

     コント名はずばり「歯医者」!

     

     

     

     私が歯科医師だからそう思うのかもしれないけれども、やっぱり歯科はお笑いの題材としてよく取り上げられているように思える。それほど歯科は生活の中に寄り添っているということなのかもしれない。

     その中でも、特に取り上げられるのが、「痛かったら手を挙げてくださいね」とよく言われること、歯を削るときの音のこと、注射で麻酔をすること・・・どの歯科を題材にしたお笑いを見ても、大体このどれかの題材でネタが構成されている。こういった部分が、皆が共有できる「あるある」なんだろう。

     今回紹介する東京ダイナマイトの「歯医者」は、これらの「あるある」がすべて抑えられている。抑えられているんだけど・・・抑えたうえで、東京ダイナマイトらしさもふんだんに盛り込まれている。

     

    IMG_2142.PNG

     松田さんが歯科医師役。ハチミツさんの口の中を見ながら「A-1、B-2・・・Zの10、きったね!」とアルファベットと数字を適当に羅列していた。なるほど、歯式を取る(歯の状態を確認して記録する)とき「1番(歯の番号)、C2(虫歯の深さ)」とか言ったりするが、きっとそれっぽい感じを出しているのだろう。お客さんはそれだけで笑っていたから、口の中を見ながらの数字やアルファベットを羅列していくというのは、歯科のイメージのひとつなのだろうか。なるほど。

    IMG_2144.PNG

     「痛かったら手をあげてくださいね」と言いながら「チュインチュインチュイン」と効果音を口ずさむ松田さん。手を挙げても挙げても削るのをやめない松田さんにしびれを切らしたハチミツさんが「あげるだけかよ!」と、松田さんの手を薙ぎ払っていた。

     痛いときは手を挙げてもらうことで、歯科医師としては色々と情報を得ることができるから、私も「痛かったら左手あげてくださいね」と言ってしまう。

     ある本で読んだが、手を挙げてもらったらどうするのかも事前に伝えておくことが大切らしい。患者さんによっては「痛かったら治療をやめてくれるだろう」と思う人もいるらしい。まぁ、そうだよね。なのに痛かったら手を挙げろと言われてて、痛いから手を挙げても、全然止めてくれなかったら「なんだよ!」って思っちゃうよね。手を挙げてもらったら麻酔をしますよ、とか、具体的に手を挙げたときにどうなるのかを言うように、私も気を付けている。

     この「あげるだけかよ!」のハチミツさんのツッコミは、きっと皆の代弁なんだろうな。

     

     そして、コントは麻酔のくだりに。

    IMG_2147.PNG

     「麻酔しますね」と言って金属バットを持ってくる松田さん。「頭ぶったたいて痛み飛ばします」。素振りをする松田さんの表情好き。

    IMG_2148.PNG

     やっと注射器が出てきたと思ったら、頭にざくっ。ハチミツさんが「これドリフでやるやつ」と突っ込んでいた。ドリフでやるやつだわ、これ。この企画でも取り上げたことあるけど、この2人もきっとドリフの歯科コントから何か汲み取っているのだろう。

    IMG_2150.PNG

     注射をやめて、次に持ってきたのは麻酔銃。「それ大きな象にするやつ」とハチミツさん。

    IMG_2151.PNG

     バットからはじまって、一旦注射を挟んで、猟銃を経由して、最後の最後でやっとこさまともな麻酔のシーンが出てくると思ったら、松田さんがハチミツさんの腕をまくり始めた。

     「腕なんすか?」と不安そうなハチミツさん。松田さんが自信満々に「最近の歯科は殆ど腕ですよ」と言い放つ。もう何十年も歯科に行っていない(という設定の)ハチミツさんは「そうなのか・・・」と説き伏せられてしまう。そんなハチミツさんに松田さんはさらに説明を加える。「しばらくすると頭がぼーっとして、全てがどうでもよくなります」。

     すかさずハチミツさんが「覚せい剤じゃねぇか!」。やはり東京ダイナマイト!東京ダイナマイトはこうでなくっちゃ!

     

     こうして、どんどん雲行きが怪しくなっていく・・・。

    IMG_2152.PNG

     目を閉じた患者ハチミツに突然キスをするドクター松田。


     松田先生の要求は段々エスカレートし・・・。
    IMG_2153.PNG

     ついには・・・。

    IMG_2154.PNG

     こりゃ、放送できねぇな!

     

     口とお尻を手で押さえながら泣くハチミツさんが予約を取ろうとすると、突然「そもそも俺は歯医者じゃない」と打ち明ける松田さん。「じゃあ何屋なんですか!」というハチミツさんの問いに、松田さんは自信満々に

    IMG_2156.PNG

    「ホモ屋です!」

     

     なんじゃそりゃ。

     

     非常に東京ダイナマイトらしいコントだった。

     

     

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村 

     

     


    ▲top