俺はタクランケ!(歯学院生の日常)

ハロー、ハロー聞こえますか?
こちら太陽系第三惑星地球・・・。
あなたの世界とちょっとよく似たこっちの世界。
そっちがこっちで、こっちがそっちのパラレルワールド。
平行と交錯、現実と虚構。
ここは、それらの混沌から滴り落ちた、雨粒のようなブログ。
そちらの地球のお天気はいかがですか?

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.12.16 Saturday

勝手にトリビアの泉〜す歯゛らしきムダ知識〜

0

     最近、トリビアの泉の動画を見るのにハマっている。懐かしい。そして、面白い。

     ぶっちゃけ今、感化されている。久しぶりに見たトリビアを誰かに話したい!そんな気持ちで毎日をすごしている。

     ということで、もしトリビアの泉が今も放送されていたら!・・・きっと投稿するであろう歯科に関するトリビアを、この記事にてまとめてみたいと思う。

     紹介するだけだとつまらないので、補足トリビアと、あと私が勝手にカウントした「へぇ」の数も添えておこう。勝手につけたものだから、あんまり気にしないでね。でも、みんなも心の中の「へぇ」ボタンを押してみてネ!

     

    へぇ

     

     

     

    No1.

    歯科では「抜糸」のことを「ばついと」と言う

    32へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)歯科では「ばっし」というと「抜歯」を意味する。

    2)「抜歯」と「抜糸」を区別するために、「抜歯」を「ばっし」、「抜糸」のことを「ばついと」と言う。

     

     

     

    No2.

    初代アメリカ大統領のワシントンの肖像画は、入れ歯が飛び出るのを抑えているところが描かれている。

    53へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)ジョージ・ワシントン(1732-1799)は初代アメリカ大統領で、2期にわたって8年間務めた。

    2)ジョージ・ワシントンは歯が悪く、28歳頃から部分入れ歯を使い始め、大統領になったときには殆どの歯を失っていた。

    3)ジョージ・ワシントンは歯科医師であるジョン・グリーンウッドに4回も入れ歯を作ってもらった。

    4)この肖像画は3回目の入れ歯のときのものだと言われている。

    5)この頃の入れ歯はスプリングで上下の入れ歯を固定するものが主流で、この肖像画のように口元に力を込めていないと、入れ歯が飛び出してしまった。

    6)この肖像画はアメリカの1ドル紙幣にも使用されている。

     

     

     

    No.3 

    18世紀、日本の総入れ歯はヨーロッパに比べ400年進んでいた。

    85へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)18世紀のヨーロッパの入れ歯は、動物の歯をつなげスプリングで連結するという形で、まったく実用性がなく、見た目用であった。

    2)中世ヨーロッパの貴族たちは、入れ歯であることを知られぬように口元を隠しながら喋っていて、それが上品な仕草とされた。また、入れ歯が使えなかったため、食べ物は丸のみしていた。

    3)18世紀、日本では仏具師が木を彫って入れ歯を造っており、それが一般庶民の間で使用されていた。かみ合わせの調整や粘膜の調整をした跡が残っているものが複数個発見されている。

    4)仏具師がつくった木製の入れ歯は、ヨーロッパの入れ歯に対して「木床義歯」もしくは「皇国義歯」と呼ばれる。

    5)現存する最古の「木床義歯」は、1538年に74歳で亡くなった、和歌山市願成寺の仏姫のものである。現在作られている総入れ歯と同じ原理で陰圧により顎の粘膜に吸着し、日本の木床義歯は食物を噛んだ跡があり、実際に日常生活で使われていた。

    6)明治時代、文明開化による西洋文化の流入がおこり、ゴム製の「西洋義歯」におされて、「木床義歯」は衰退した。昭和中期には完全に姿を消した。

     

     

     

    No.4

    正露丸は歯の痛みに効く。

    23へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)正露丸は、日露戦争時に常備薬「征露丸」として日本軍で製造された胃腸薬であり、それから百年以上が経った現在も広く使用されている。

    2)「軟便、下痢、食あたり、水あたり、はき下し、くだり腹、消化不良による下痢、むし歯痛」に効くとされる。

    3)用法・用量の欄には「むし歯痛には、1〜1/2粒を歯窩(むし歯の穴)につめてください。」とある。ただ、「むし歯痛に使用する場合、本剤は一時的に痛みをとるのみで治療効果はありませんので、痛みが治まってもなるべく早く歯科医師の治療を受けてください。また、痛みがやわらげば、本剤をむし歯の穴から取り除き、決してつめたまま放置しないでくさい。」と、あくまで正露丸による効果は一時的なもので、迅速な歯科受診を促している。

    4)正露丸の主成分である木クレオソートに含まれるフェノールに歯髄鎮静作用がある。

     

     

     

    No.5

    アドルフ・ヒトラーは歯医者が嫌いだった。

    85へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)アドルフ・ヒトラー(1889-1945)は、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。

    2)ヒトラーが歯医者嫌いだったことは、お抱え歯科医師だったJohannes Blaschkeについて書かれた「Dentist des Teufels(悪魔の歯医者)」に詳しく記されている。

    3)ヒトラーの歯医者嫌いは内輪では有名で、お抱え歯科医師Johannes Blaschkeの手記ではヒトラーが「痛みに耐えきれず、単純な歯根管の手術を8日間に分けて行った」ことや、「膿瘍(のうよう)や歯周病があり、非常に臭い息の持ち主だった」ことが明かされている。

    4)お抱え歯科医師Johannes Blaschkeは武装親衛隊の少将であり、ヒトラーの歯科治療を出来ることを非常に誇らしく思っていたが、ヒトラーはJohannes Blaschkeを倦厭していた。

    5)ヒトラーは歯周病や虫歯に悩まされていたようで、Blaschkeの記録によると1944年だけでも10個所歯に詰め物をしている。また、右側にブリッジをはめていて、1944年7月20日の暗殺未遂の際には顔に破片が当たったためそのブリッジがずれ、非常な痛みに苦しんだと記録されている。

     

     

     

    No.6

    現在使われている型取りの材料は戦時中に作られた代用品。

    65へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)アルジネート印象材はアルギン酸ナトリウムを主成分とし、安価で操作も簡便なことから、 現在もっともよく使用されている型取りの材料である。

    2)戦前は寒天が型取りの材料として使用されていたが、原料の天草が日本近海でしか採取できなかったために、第二次世界大戦のはじまりとともに世界に流通しなくなってしまった。

    3)歯科先進国であったドイツでは、日本から輸入できなくなってしまった寒天の代用品の開発が進められ、それが現在のアルジネート印象材となった。

     

     

     

    No.7 

    日本の近代歯科医学の父とされるウィリアム・クラーク・イーストレーキはフリーメイソン

    68へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)ウィリアム・クラーク・イーストレーキ(1834-1887)はアメリカ出身の歯科医師。幕末に来日し、日本の近代歯科医学の発展に貢献した。「日本の近代歯科医学の父」と呼ばれる。

    2)当時の新聞広告などから、1865年に初めて来日し、その際に横浜で開業した。

    3)1856年7月28日、フリーメイソン上海支局においてフリーメイソンに加入した。

    4)フリーメイソンは16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人を超えているが、詳しいことはよくわかっていない。

    5)フリーメイソンの起源とそれに関する対外的な資料が少ないため、諸説存在する。信じるか信じないかはあなた次第。

     

     

     

    No.8 

    日本の歯学部・歯科大学の中で、戦前からある百年以上の歴史を持つ大学を「旧六校」と言うが、幻の七校目がある。

    58へぇ

     

    【補足トリビア】

    1)日本の歯学部あるいは歯科大学で戦前からあり、現在も存続している大学を「旧六校」と総称する。

    2)旧六校は、東京医科歯科大学、九州歯科大学、日本歯科大学、東京歯科大学、日本大学歯学部、大阪歯科大学の6つであり、いずれも戦前から設置されており、歴史も百年を越える。

    3)神奈川歯科大学は明治43年に設置された日本女子歯科医学講習所を起源としており、2010年に創立百周年を迎えたが、旧六校には数えられていない。

    4)神奈川歯科大学が起源とする日本女子歯科医学講習所はその後、昭和9年に日本女子歯科医学専門学校となるが昭和25年、GHQの指令により閉校した。

    5)閉校した日本女子歯科医学専門学校の設備を使用して、歯科衛生士の養成機関として日本女子歯科厚生学校が開校。神奈川歯科大学はその14年後に開設された。

    6)神奈川歯科大学が旧六校に数えられていないのは、日本女子歯科医学専門学校の閉校によって歴史が一旦途絶えており、その後14年間歯学部が無い状態が続いていたためだと考えられる。

    7)ただ、神奈川歯科大学は2010年に創立百周年をお祝いして式典を開催した。

     

     

     

     どのトリビアも明日使えるものばかりでしたね〜

     

     それでは、ばいちゃ☆

    にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
    にほんブログ村


    ▲top